気分ニュース:紅茶とエネルギー

コーヒー以上の紅茶は、生産的に働く気分になっています。アデレードのサウスオーストラリア大学の心理学者、ジャネット・ブライアン(Janet Bryan)の研究によると、10日間の労働時間を記録した95人の研究では、牛乳や砂糖を含まないカフェイン茶を飲むことが最高の知覚能力を与えた。砂糖を含まない紅茶は、砂糖を添加した場合とは異なり、疲労の減少と関連していました。 (しかし、一日の最高消費量は、紅茶7.5杯、コーヒー6.5杯でした。両方の飲み物は、リラックスして仕事をしたり、翌朝朝に集中して気分を上げるのが難しくなりました。紅茶にはフラボノイドが豊富で、脳血流を促進する化合物であり、認知と気分の両方を改善するようであるという証拠を挙げる。

関連項目

  • ボディニュース:チョコレートエネルギー

  • インサイダーガイド:より多くのエネルギーを食べる方法

  • ボディニュース:茶と重さ

Loading...