Restylane LyftはFDA承認され、ハンドフィラーとして使用されます

ヒアルロン酸フィラーRestylaneはFDAの承認を受けたばかりで、FDAの認可を受けた外からの使用が可能な最初の注射剤となっています。

89人の患者の研究の後、Restylane Lyftは、手の後ろにある年齢関連の体重減少を治療するための承認の切手を手に入れました。ニューヨーク市にあるボード認定の外科医であるJoshua Zuckermanは、「脂肪の喪失と老化による手の内臓筋の萎縮が、中手の骨、腱、静脈に顕著に現れます。 魅惑. 翻訳:あなたが年を取るにつれて、手は骨格やボニーを見始めることができます。

フィラーは即座に栓をする。 「私は皮下注射を行いますが、これは皮膚の真下ですが、腱、骨、血管、神経を覆う結合組織の上にあります」とZuckermanは説明します。 「皮膚充填材はこの分野ではうまく機能し、患者さんは一般的に手の外観がすぐに改善することに非常に興奮しています。 Restylane LyftのFDA承認の有効性と安全性に関する同社の調査では、患者は最大6ヶ月間手の量を改善していた。副作用(腫脹、圧痛、かゆみ)は主に軽度で一時的でした。

手の後ろにボリュームを復元することは、ヒアルロン酸フィラーの使用の一見無限のリストの一つであり、通常は唇をふくらませ、しわを軟化させ、顔を輪郭化するために使用される。 Instagramフィルタで作成された魅力的な調整を再現するために使用されています。体のどこかで、ヒアルロン酸フィラーは手術の代替手段になり、非手術用の鼻の仕事、乳房以外の非手術用のバットリフトの一時的な再形成効果を提供します。

これらの用途のほとんどは、技術的にFDA承認されていません。 Zuckerman氏によると、皮膚充填材の使用を外すことは比較的一般的であり、ライセンスを受けた医師は、彼らのオフィスでできることについて広い範囲を持っています。 「他の一般的なオフラベルの用途には、寺院、涙溜まり、頬の増強、および顎の増強が含まれる」とニューヨーク市のボード認定皮膚科医であるSejal Shah 魅惑. 身体にフィラーを使用することはますます一般的になっていますが、Restylane LyftはFDAが顔以外の領域で使用するために実際に評価され認可された最初のヒアルロン酸皮膚充填剤です。

FDAの承認が不十分であっても、必ずしもフィラーが体の他の部位で使用するのが安全でないとは限りません。 「ほとんどの注射剤と経皮充填剤が働くメカニズムは十分理解されているため、一般に外用剤の使用は安全です」と彼は説明しています。しかし、その特定の領域の解剖学的構造に対する注射剤の影響は研究されていない可能性があるため、オフラベル使用のためのボード認定の皮膚科医または外科医の診察がさらに重要である。 「この領域の解剖学的構造を知っている人とは別の治療を受けることが重要です」とZuckermanは言います。 “全身の外科的トレーニングを受けた医師が最も安全です。”


ヒアルロン酸注射のより多くの使用のために:Kim Zolciak-Biermannはヒアルロン酸フィラーを耳に入れます。なぜなら彼女は重いイヤリングを愛しているからです。ヒアルロン酸注射は実際にあなたの毛穴を小さくすることができました。新しいヒアルロン酸注射剤は、


今、皮膚科医が口紅を説明するのを見る: