Alexander McQueen “Skin” Bagsの真実

バイオテクノロジーとファッションは、全く新しい(やや奇妙な)方法で正式に会った。

ロンドンのCentral Saint Martinsを最近卒業したTina Gorjancは、人間の遺伝情報がどのように悪用されるのかを見るために、遺伝学研究室に取り組んでいます。具体的には、後半のAlexander McQueenを例として使用します。 1992年には、McQueenは自分の卒業プロジェクト「Jack The Ripper Stalks His Victims」で自分の髪を使用したと主張しています。そして、境界を押し広げて仕事に強烈な反応を引き起こすことを愛するデザイナーとして、McQueenはひとつのソースですGorjanc自身の学校プロジェクトの後ろにインスピレーションを与えました。

展覧会「Pure Human」では、消化消滅と呼ばれるプロセスを研究したいと思っていました。誰でも遺伝子情報を抽出し、生物学的に既に存在する皮膚移植片を生物学的にプログラムすることができます(理論的には、デザイナーのジャケットやバッグのような高級品)。 Gorjanc氏によれば、材料は通常、保存された髪、肌、または骨から来ているため、McQueenの「Ripper」プロジェクトは探検のための完璧なコンセントです。

GorjancはMcQueenの実際の遺伝物質をこのプロジェクトに使用することはできませんでしたが(McQueenのコレクションの所有者に連絡して、毛髪の実際のものであるかどうかについての情報を得ることはできましたが、彼女の仕事のポイント。その代わりに、彼女は「理論的にはアレキサンダー・マックイーンの遺伝情報を手技の源泉としている」という特許を申請した。彼女がそれを持っていれば、実験室で作られた革を人間の組織から作るために使われるプロセスは、妥当であるということを意味しています。そして、彼女のプロジェクトは、生物学的情報をいかに簡単に利用するのか、という本当の懸念を明かしています。

マックイーンの肌の表面を模倣したブタの革で作られたサンプルバッグ

ティナ・ゴルジャン

ニューヨークゲノムセンターの共同創設者で元戦略責任者のDavid Whelanは、McQueenの遺伝情報を皮膚に育て、それを日焼けさせ、革ジャケットと袋にすることは、発見された対象の芸術品に似ていると言います。 「私たちがゴミ箱で見つけたマックイーンのプライベートの手紙を添えてアート作品を作ったらどうですか?彼の携帯電話の請求書ですか?ここにプライバシーの侵害が少しはあるかもしれないが、それは悪用されていない」と彼は言う。

Gorjancが実際にMcQueenの髪の毛を持っているかどうかについては、彼女のプロジェクトに彼女の名前と特許を求めることを意図的に含めることを選択したということについて、多くの混乱がありました。

「遺伝物質の保護に関する法律がないため、私は誰かが、あなたがいつも非常に保護されていると思うソースから生物材料を得る方法を紹介したかった」と彼女は言う。 McQueenの遺伝情報は、彼が死んでいるという観点からも面白かったし、数多くの著作権で保護された巨大なブランド帝国を持ち、依然として彼の財産を継承してきた親戚もいる。だが、彼の遺伝情報はまだ十分に保護されていない。

言い換えれば、マックイーンの名前は基本的にはそれほど大きなものではあるが、デザイナーの家族やブランドとのつながりがないゴジャン(Gorjanc)は、遺伝子情報を入手してこれらの贅沢な素材を作る可能性がある。

それはまあまあの吹き出しです、そしてそれはまさにゴルジャンのポイントです。遺伝情報が芸術的なプロジェクトを創造するために使われたのは初めてではない。 2012年、Heather Dewey-Hagborgアーティストは、公共の場で収集されたたばこの尻のようなアイテムからの遺伝物質の分析から作られた肖像画を特集した “Stranger Visions”をデビューさせました。

「身体を離れるとすぐに生物学的物質の所有権を失う」とゴルジャン氏は述べています。 「本質的には、理髪師がヘアカットを受けると、切断された髪を所有していないことを意味します」

Gorjancの「Pure Human」プロジェクトについては、現在、バイオエンジニアリングされた遺伝物質とそれを作るプロセスの両方について特許承認を待っています。彼女はそれを商業プロジェクトに変える予定はない。

誰かがあなたの遺伝情報をつかんで、それを使ってFが望むものを作り出し、それを取り除くという考えは、少し驚いていますが、それはまったく悪い考えではありません。このようなものを量産規模で引き出すために必要な技術はまだ入手できませんが、それが一度であれば、より持続可能な研究室で栽培された革の開発に役立つ可能性があります。翻訳:私たちは彼らの隠れた動物を屠殺する必要はありません。

「動物由来の革と生物学的に同一であるが、動物は関与していない革を製造するために、創業者は遺伝子工学の精神的な後継者である合成生物学を使用している」とWhelanは述べている。そして、それは、まあ、奇妙に感じることはありません。 “レザーフェイスについては考えていません テキサス連鎖虐殺 「肌」という言葉が聞こえてきたからといって、私たちは実際に革のように見える、触れる革について話している」

このプロジェクトは、より多くの人々が持続可能なファッション・ピースを着用する画期的な方法であり、人々の遺伝物質の保護の調査を開始する迅速さと、バイオテクノロジーにおけるこれらの進歩によって遺伝物質に関する法律が変わるべきかどうか。

Loading...