男性のオルガスムの性別 – 男性のオルガスム特性

セックスとセクシーなカップルを愛する

デジタルビジョン

私が最近言及したように、私は読んでいます 安息日の劇場 – すばらしい小説…また、いくつかの場所では荒々しく性的に明示的で、しばしば私をかなり儲けさせるような方法で。愛する愛人が癌で亡くなった後、神経質な崩壊が始まるミッキー・サバスという名前の元々の人形。この本のサスペンスの中には、安息日が自分自身を殺すかどうかの問題があります。何人かの人にとっては、間違いなく嫌なナレーターの没落に個人的に根ざしているという事実も、緊張を生むものだと賭けています。

とにかく。

この本のある時点で、好意的な愛人 – ミッキーと彼女の夫に加えて、多くのパラモア自身を持っているDrenkaと名付けられた幾分ふわふわの52歳のクロアチア移民である – は、安息日に、鮮やかな詳細で性的彼女は町に新しい若い電気技師との関係を持っています。彼女は、セックスをしているときにミッキーのように、ドレンカが言っているように、「私はまだ来ることを望んでいません。そして、彼は、「ああ、私は来て、私は来て、そして、ああ、ああ、彼が作る大きな音」と言って、救済は、彼らがほとんど崩壊するようなものだ」

私は、ちょうど私の経験に本当にそうであるように見えるので、私はそのビットを読んだ後に笑顔にしなければならなかった:すべての男性は、子供のような音、絶望的な、常に非常に緊急、時には謝罪のように – 君は。

私はいつも奇妙なことに触れている。それは、男性が非常に傷つきやすいように見える瞬間でも、無実の瞬間でもあります。私はいつも奇妙な母親の気持ちを感じています。息を飲んで息を吐き、身体的に弱くなってしまいます。私はそれを飼いたいと思っています。

私はここにいくつかのポイントを持っていますか?それとも、セックスについて話したいだけでしたか?

まあ、それはちょうどそれは私がオルガズムを持っているとき、すべての男は、常連であるという面白いと思います。驚くほど多種多様です。

それともあなたは同意しないのですか?ロスと私は間違っているのですか?私は、あなたがより深刻な関係に陥ると、物事が変化し、他の人のリズムをより良く知ることが分かっています。しかし、私は、たとえそうであっても、人間が自分のタイミングで大丈夫であることを確認する方法として、何が起こるべきかを知らせることはかなり一般的だと考えています(あるいは、そうでない場合は早めにあなたの許しを請う)。