ジェニファーガーナー、レッドカーペットでメイクアップフリー

フィルタ、編集、輪郭、その他の機能が充実している世界では、美しさはおそらく決して順調ではありません。かつては雑誌のモデルだけに留保されていたものが私たち全員に影響を及ぼし、何らかの形で自分自身を完璧にするプレッシャーが熱狂しています。しかし、自分のやり方で多くの工芸品に立ち向かっているセレブがいくつかあり、動きが勢いを増し始めています。その中の最新のものは、テルライド映画祭で見られるジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)です。

5月に戻って、Alicia Keysはレニー・レターのエッセーを書いて、なぜ化粧品の厚い層を撤去することにしたのか説明しました。 「それは革命だと私は神に願っている」と彼女は書いた。 「私はもはや隠蔽したくないから、私の顔ではなく、私の心ではなく、私の魂ではなく、私の考えではなく、私の夢ではなく、私の闘争であり、私の感情的な成長ではない。彼女にとって、裸になることを選ぶことは美的選択以上のものです。それは解放です。

関連:Alicia Keysは彼女のノーメイクアップ運動の批評家に反応する

もちろん、Keysは自然な表情で公開する最初の有名人ではありません。 Cindy Crawfordは、彼女の50代の誕生日をノーメイクのセルフマンで祝い、Laverne Coxは “#nomakeup”と “#transisbeautiful”でそれをキャプションしました。キャメロン・ディアスは、新しい本「長寿」を宣伝するために素朴なセルフを掲示し、自分の体が実際に働く方法についての高齢化と学習についての会話を続けることが大変興奮している理由を説明しました。

読み込み中

インスタグラムで見る

関連:Alicia KeysはVMAでメイクをしませんでした

有名人以外の人には特別な注意が必要です 言う 彼らは化粧をしていません(コックスは上記のように)、私たちはガーナーのような女性が素顔になっていると思っています。彼女は他の人たちが過去に有名人を見てきたよりもはるかに自然に見えているという事実はそれだけではありません。それ自身の動き。

また、セレブは多くの女性がしない特権を持つことが多いことを覚えておいてください。高価なスキンケア・ルーチン、栄養士、製品など、最終的には見た目に影響を与えることがあります。翻訳:裸でも、彼らはまだほとんど完璧に見えるかもしれません。そしてメイクアップは、メイクアップが自己表現の全く有効な形ではない if それはあなたがやって楽しむものです。多くの女性が自分のために化粧を着る のみ, それは素晴らしいです。しかし、あなたがパブリックに見える前に、またはInstagramに自分自身を “修正”する必要はないことを覚えておくことも重要です。

今、時計モデルMyla Dalbesioは彼女自身の体に肯定的な詩を読んでいます:

Loading...